すっぽん小町 薬

すっぽん小町と薬の飲み合わせ

すっぽん小町でキレイになりたい!痩せたい!と思って毎日飲み続けているけど処方されたり市販されている薬との飲み合わせってどうなの?って不安になっちゃいますよね。

 

ここではすっぽん小町ダイエットをするために飲み続けていく上で知っておきたい薬との飲み合わせについて紹介したいと思います。

 

 

薬とサプリメントの併用は危険?

サプリメントは今現在多くの人に使われていますが、何も知らずに薬と一緒に飲んでしまっているという方も多いかもしれません。

 

しかし、何も知らずに薬とサプリを併用してしまうと健康になるどころか逆効果になって副作用が出てしまう場合もあるので注意が必要です。

 

とくに降圧剤などを使用している方は血圧が下がりすぎたりしてしまうことがあるため注意したいところです。

 

ではすっぽん小町と一緒に飲むと危険な薬ってあるんでしょうか?成分を確認してみましょう。

 

 

すっぽん小町の原材料

すっぽん小町が構成されている原材料はすっぽん粉末、EPA含有精製魚油、ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、ビタミンEです。しかし原材料だけでは薬との飲み合わせの良し悪しは判断できないため原材料ではなく成分で知ることが大切です。

 

すっぽん小町の成分として含まれているものはタンパク質、脂質、炭水化物、ナトリウム、リン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、ビタミンE、ビタミンD、EPA、DHAです。

 

ではこれらの成分のうち薬と飲み合わせが悪いものはあるのでしょうか。

 

 

すっぽん小町に含まれる成分で気を付けるべき薬

すっぽん小町に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)は中性脂肪やコレステロールの低下に期待ができますが血糖値を上昇させてしまう可能性がある成分です。そのため糖尿病治療薬などを使っている方は必ずかかりつけの病院の医師に相談するようにしましょう。

 

またすっぽん小町のタンパク質には多くのアミノ酸が含まれています。その中にはアルギニンというアミノ酸が含有されていることを知っておきましょう。

 

アルギニンは主に免疫力向上する働きがあり精力剤などによく使われています。しかし血圧を低下させるというもともとの働きがあるため、降圧剤を服用している高血圧患者は血圧が下がりすぎるということに注意しなければなりません。

 

そのため高血圧治療を行っているという方も必ず医師の指示に従うということが大切です。

 

 

病院で必ず申告すること

すっぽん小町をこれから飲むという方で持病があるという方は必ずすっぽん小町を飲みたいということを医者に相談し、薬との飲み合わせをしっかり確認しておくことが大切です。

 

その際にすっぽの小町の成分や原材料を知ることができるメモなどがあるとスムーズに判断してくれますので参考になさってください。